2008年02月23日

名古屋の芸術文化レベルは?

名古屋の芸術文化レベルは?

 先日、先輩議員のスピーチで 『芸術文化レベルの高い都市には、立派なフィルハーモニーが存在する』 という趣旨の指摘がありました。 納得です。 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)しかりですね。

 芸術文化は、地域との強い繋がりの上に成り立っています。地域の芸術文化に対する理解や、地域のサポートなしには、芸術文化活動の展開は望めません。

 現在、日本は世界でも有数の文化施設を有する国となりました。 名古屋市内では愛知県芸術劇場コンサートホールは世界も羨む最高水準の施設です。

 しかしながら、文化の「活動」そのものについては十分でないという指摘があります。 地域の文化ソフトに対する理解やサポートが成熟していないという状況があります。 今後の文化活動を展開する上で、どのように地域を巻き込んでいくか考える必要があるようです。

 さて、名古屋市はどうでしょうか?

 先日の2月定例会本会議場で名古屋フィルハーモニー交響楽団のミニコンサートがありました。 傍聴席は市民の皆様で満員で、関心の高さを感じました。
 名フィルの皆様。。。もっともっとがんばってください!
posted by 水平かずえ at 23:06| 日記